ピラティスとは

ピラティスの特徴は一言でいうと「正しく上に伸びるカラダを作ること」です。

普段、私たちのカラダは重力を受けて前後左右のバランスが崩れた状態になっています。

ピラティスでは、関節を正しい位置に戻しカラダのゆがみを整えながら、体の中心に一本の軸を作ります。

カラダのバランスが整うと血流の流れがスムーズになり、圧迫されていた内臓器官も元気になってきます。

ピラティスで新陳代謝が上がりなるのはこのためです。

しおれていた植物が水を得ると真っすぐに育つように、私たちもピンと背筋が伸びた姿勢が健康な状態なのです。

 

因みにピラティスは第一次世界大戦時の際に負傷した兵士がベッドの上でできるエクササイズとして、ドイツ人のジョセフ・ピラティス氏が考案したものです。

後に、ニューヨークへ渡米した際にダンサーから「動きがしなやかになった」、「故障が減った」と絶大な支持を得て大衆に広まりました。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ